2022年最新 日本のギャンブルの法律と規制について

2018年、日本では「特定複合観光施設区域整備法」が成立し、法律で指定された国内の特定の区域でギャンブルが可能になりました。この法律は、カジノを含む統合型リゾート(IR)と呼ばれる複合観光施設を、民間企業が所有・運営することを可能にするもので、国内外の投資家から強い関心が寄せられました。ところが、それはすべて2018年の話で、2022年現在にはどうなっているのでしょうか?

現在の状況

2022年現在の日本では、刑法第185条により、賭博が禁じられています。ただし、特定のイベントやスポーツなど、例外的に法律で認められている形態もあります。日本でギャンブルが合法とされている場合は以下の通りです。

  1. 政府が運営し、政府機関が監督する4つの公営競技(競馬、競輪、オートレース、競艇)。
  2. 公営宝くじ
  3. サッカーくじ

上記の合法的なギャンブルはすべて、政府の最高機関が提供する営業許可を必要とし、地方自治体やその他の政府関連団体に許可が付与されます。

統合型リゾートへの関心

統合型リゾート(IR)とは、ギャンブルサービスを提供する施設であると同時に、コンサートを聴いたり、ショッピングをしたり、会議をしたり、食事を満喫したりできる複合娯楽施設でもあります。賭博ができる統合型リゾートを規制する法律では、これらの施設は主に、他国に匹敵するように、豪華で長期滞在型の観光を動機付けるために作られるものとされています。統合型リゾートの目的を達成するためには、合法的かつ健全に運営されるカジノを建設する必要があります。規制委員会は、法律に従った厳格なギャンブル規制を行い、指定された管理・監視方針の下で運営することで、合法的なカジノ運営を実現したいと考えているようです。

統合型リゾートのメリット

統合型リゾート(IR)を建設する最も重要なメリットとしては、これらの施設は非常に収益性が高く、日本に数百万ドルの収益をもたらすことができるという事実です。統合型リゾートには、ホテル、ショッピングセンター、エンターテイメント施設、飲食店などが備わり、これらはすべて観光客を惹きつけるものです。日本が統合型リゾートを6つ建設しただけで、2030年には242億ドルの収益になるという推測もあります。

オンラインギャンブルの活動

日本でオンラインギャンブルは禁止されていますが、それは国内で行われる場合に限ります。実店舗で行われる前述の公営競技への賭けの場合は、インターネットを通じてベットや宝くじの購入が可能です。最近では、野球やサッカーなどのスポーツベッティングについても、政府が交渉を進めています。ただし、他国の政府機関が認可した合法的なオンラインカジノに限り、オンラインギャンブルを利用できるという”抜け道”があります。

日本が2022年に解決しなければならない最も重要な問題は、統合型リゾートの問題です。これらの施設の建設は、ギャンブル、エンターテインメント、生活の質にとって大きな意味合いがあるものです。世界の多くの国は、日本と法律は異なれど、このビジネスプランを成功させていますので、日本はこのIRの力により、海外よりもさらに成功する可能性を秘めています。現時点で、日本国内に住む者は、オンラインギャンブルと公営競技に賭けることができますが、21世紀において、それだけで十分とは言えないでしょう。